老化が引き起こす脂漏性角化症│早期治療で症状改善

看護師と医師

長引く咳痰があれば病院へ

病室

肺がんはがんによる死亡者数で男性第1位、女性では第2位で、多くの人が罹る恐れのある病気です。初期では咳や痰が続く程度の症状しかなく、発見が遅れがちになります。喫煙者は禁煙をし、長引く咳や痰があれば早めに病院を受診しましょう。喫煙しなくても肺がんになる事があるので、非喫煙者も毎年健診を受けましょう。

Read

腰部の痛みの原因と治療

体

腰痛は、日々の様々な要因で発症する病気でその症状も様々です。また今後も高齢化や生活環境の変化により、増大するとみられている慢性疾患でもあります。その中で行徳の病院は、日曜日や祭日も診療したり、地域に根差した専門的な治療で患者に人気のある腰痛治療に人気のある病院が数多くあります。

Read

喉を酷使する場合には

男性患者

喉を酷使することが多い環境では、咽頭がんが発症しやすくなります。喉の違和感に気付いた時には、できるだけ早めに病院で診てもらうことをオススメします。検査をした後で、効果的な治療を受けることができて安心です。

Read

良性の皮膚疾患の対処法

病院

レーザーで除去する

脂漏性角化症とは、別名老人性いぼとも呼ばれ良性の皮膚疾患の一種となっています。皮膚の老化現象の一つに数えられ、若い人でも早ければ20代ぐらいから出来る人も多いと言われています。紫外線が蓄積されることで発症しやすくなるので、顔や首、デコルテ、手の甲など比較的露出が多い部位に出来やすくなります。脂漏性角化症の治療法としては、レーザーによる治療が人気となっています。主に炭酸ガスレーザーを使い、細胞の組織を蒸散させるので跡が残りにくく綺麗な仕上がりになることから顔に出来た場合の治療によく用いられます。脂漏性角化症が顔に出来ると、目立ちやすいのでコンプレックスになることがありますがレーザーによる除去で綺麗な肌を取り戻すことが出来ます。

皮膚科で治療を行うと良い

脂漏性角化症は、基本的に良性のものですが悪性のものと見分けがつかないこともあるので病気でないことを確認するためにも皮膚科で治療を受けると良いと言われています。特に、脂漏性角化症が起きてから急に成長したように感じたり一つではなくいくつも出来たりすると悪性の可能性もあるので早めに皮膚科を受診すると良いと言えます。治療後は、徐々に肌の状態が回復すると気にならなくなっていきますが紫外線を浴びたり刺激を与えると色素沈着を起こす可能性があるので出来るだけ紫外線は避けて過ごすようにします。また、脂漏性角化症は年齢とともに発症する確率が高くなり高齢になればなるほど出来やすくなるので全身のチェックは欠かさないようにします。