脳梗塞の原因と症状|事前に検査を受けましょう

脳内の血管が詰まる疾患

頭を押さえる女性

脳内の血管が詰まる原因

脳内の血管が詰まったり、破れたりして血管の先の脳細胞に血液が運ばれなくなり、細胞が壊死してしまう疾患を「脳卒中」と言います。主に血管の狭窄または詰まりによって引き出おこされる脳卒中を「脳梗塞」と言います。脳梗塞の発症の仕方は血栓性、塞栓性、血行力学性に分けられます。血栓性とは主に「動脈硬化」が原因で、脳内の動脈が狭く細くなることで発症する脳梗塞のことを言います。動脈が狭くなると粘りの強い血栓が血管を詰まらせやすくなるのです。次に塞栓性とは、脳内以外でできた血栓が、血液に乗って脳に運ばれてきて脳の血管を詰まらせてしまう脳梗塞です。塞栓性は突発的に起こり、死に至るケースが多いのが特徴です。最後に血行力学性は、血圧の低下や脱水などが原因で、脳の血流量が減少してしまうことで起こる脳梗塞のことです。

脳血管が詰まり現れる症状

脳梗塞が発症した場合、代表的な症状が意識障害、「片側」の手足に現れる麻痺、片側の顔面の感覚障害、言語障害などが挙げられます。これらの症状が現れた場合には早期に内科、脳神経外科を受診しましょう。脳梗塞は早期発見、早期治療が行えるかどうかで、後の後遺症の有無や症状に大きな影響をもたらします。発症より3時間以内に治療を行えるのが理想とされています。内科、脳神経外科での脳梗塞の治療は「薬物療法」がメインとなります。小脳部分の大きな梗塞や、大脳全体が梗塞により膨れ上がり命の危険が高い場合には外科手術が選択されます。薬物療法では脳のむくみを改善させる抗脳浮腫薬、血栓を溶かす為の薬などが処方されるのが一般的です。

脳ドッグのすすめ

病院

脳梗塞の予防には、脳の画像検査を受けることが有効です。脳の画像検査は通常、脳ドッグと呼ばれています。ドッグと名の付く検査に人間ドッグがありますが、人間ドッグには脳の画像検査が含まれていないことが多くありますから、もし含まれていないのであれば、人間ドッグとは別に脳ドッグも受けるべきです。

Read

早い段階で見つかれば

カウンセリング

脳梗塞の患者には、血管の血栓を溶かす薬の投与で治療が行われてきましたが、発症してから時間がたってしまった患者には、カテーテルを直接脳内の血管に差し込んで、血栓を直接取ってしまう治療方法が行われています。

Read

小さな血栓が詰まる

頭を抱える男性

一過性虚血発作は脳梗塞の前触れ的な症状が起こってきます。小さな血栓が血管に詰まって起こってくるものですが、その症状は短時間で収まってしまうことが多くなっています。症状が出たときは必ず医師の診断を受けるようにしてください。

Read